朝食にスープ

朝、起きてすぐの時間帯は、一日の中でも、体温が一番低くなっている時間帯です。 朝、起きて30分から1時間以内に朝食を食べると、体にONのスイッチが入ると言われています。

冬が近づいて、だんだん寒くなるこの季節は、温かいものを朝食に摂ることによって、体に効率よくONのスイッチを入れることができると考えられます。

そこで、温かいスープは、ゆっくりと胃腸を温めてくれる上に、短い時間で体を芯から温めてくれます。

よって、寒くなるこれからの季節の朝食には、温かいスープがおすすめです。 また、スープにすると、野菜の栄養をたくさん摂取できるようになります。 野菜に火を通すと、かさが減って、たくさんの量を食べることができるようになります。

野菜に含まれるビタミンの多くは、水溶性なので、スープにすると、その水に溶け出したビタミンも、一緒に摂取することができます。 スープは野菜に含まれるビタミンを摂取する上でも、とてもよい食べ方だと言えますね。

朝から体に効率的なONのスイッチを入れて、これからの寒い季節も乗り越えていきたいものです。