ふきんについての考察

一日に使用するふきんて皆さん何枚くらいなのでしょうか?私の場合、お皿を拭くためのもの、テーブルを拭くためのもの、料理の際にまな板や包丁を拭くためのものの3枚が基本です。それを毎日取り替えます。

使用済みのふきんはキッチンの隅に置いてあるカゴに放り込んでおきます。そして2、3日に一度酸素系漂白剤を使って煮沸消毒をし、洗濯機で洗います。乾いたふきんは、さらに減菌のためにアイロンをあてておきます。

もう10年くらいはこの方法に落ち着いています。

私の実家ではふきんはあまり清潔なものではありませんでした。一日の終わりにざっと洗ったものを干して翌日も使っていました。ふきんから変な匂いがしてくることもあり、私は子供の頃からふきんを触ることが嫌で嫌で仕方ありませんでした。それで一人暮らしを始めて自分でふきんの管理をするようになってからは、とにかく清潔を心がけるようにしました。、結婚してからも工夫を重ね今に至ります。

先日友人と家事の話をしている時に、ふきんの話をしたら「ちょっと神経質すぎない?」と言われました。それを聞いて初めて自分がちょっと手間を掛け過ぎているかもしれないということを考えるようになったのでした。何故そうしているのかを考えてみたら、子供時代からのことがあったのだなと思い至った次第です。

これってトラウマってやつじゃないの!と思いました。もう少し肩の力を抜いた方が良さそうです。

アレルギー対応の食事!

卵アレルギーの我が子。

食事はいつもお米とお野菜ばかりでした。

スーパーで何気なしに特売のホットケーキミックスの裏面を見てみると

今は卵を使わないホットケーキミックスが売っているんですね。

卵を使わない分、牛乳を多めにいれるみたいです。

早速購入し、朝ごはんに作ることに。

引越してからIHコンロになったため、上手く焼けるか心配でしたが

ガス火よりも、とっても綺麗に焼けて大満足~!

最新のIHコンロは自動調理にホットケーキメニューがあるんです!

余熱から始まり、そろそろ裏返しの時間になると

裏返してくださいって音声でお知らせしてくれるんですよ。すごいですよね!

あんまり綺麗に焼けるので調子に乗って

焼きすぎてあまってしまう事態になってしまいました。

ふわっふわに焼けたホットケーキを食べる姿が可愛らしくて

パシャパシャといっぱい写真を撮ってしまいました。

昔はあまりアレルギーの子向けの食材が無かったみたいですが

最近は本当にアレルギー対応の食事が増えて嬉しいです。

毎日買い物のときは食品の裏面の成分表とにらめっこではありますが

食べれるものが増えることは子供も私も気が楽になります。

いつか食べれるようになるといいなあと思いますが

あんまり気負いせずに、ゆっくり子供のアレルギーと付き合っていきたいなあと思っています。

家庭菜園で採れた野菜を食べます

我が家では家庭菜園をしていて、いろいろな野菜を作っています。夏の間はトマトがとても美味しかったです。キュウリは一晩で大きくなるのでびっくりします。

酵素が入った肥料を与えるようになってから、一段と育ちが良くなったような感じがします。

野菜はマーケットで買わなくても、家でできる野菜だけで十分まかなえるような感じです。

無農薬ですし、安心して食べることができることがとてもいいのです。

苗をホームセンターで買ってきて植えたり、種を買ってきて植えたりしていますが、鳥につつかれたりするとガッカリしてしまいます。今年はスイカが4個なったのですが、2個はカラスにつつかれたようで食べごろになったら食べられてしまっていてすごくガッカリしました。

庭は広いので野菜は作り放題ですが、世話をするのが大変です。庭に出て、野菜を眺めて献立を考えたりします。麻婆茄子を作ったりするにはちょうどいいです。ナスもすごくよく育ちます。やはりとれたての野菜を使って料理をすると、食材がいいせいか、とても美味しいのです。トマトはサラダに入れて食べることが多くて、生で食べると果物のように甘くて美味しいのです。家庭菜園は楽しくて、どんどん作ってしまいます。

最近始めたウォーキングについて

最近ウォーキングを始めました。以前からやろうやろうと思っていて、過去にもやっていたことがあるのですが、1週間もしないうちにやらなくなってしまい、中途半端なまま終わってしまいました。私は現在外で仕事をしていないので、時間は自由に使えます。子供たちの幼稚園のバスが朝9時台に来るので、それからバスで送ってくれる15時までの間をいかに有効利用するか日々考えています。忙しい時間の中にウォーキングの時間を取り入れるのはなかなか難しいかなとも思いましたが、私はあまり体力がある方ではないので、ウォーキングによって少しでも体力がつけばいいなと思って始めてみることにしました。
歩く場所は近くの川の堤防です。その堤防は春には美しい桜のトンネルになり、夏には涼しい避暑地になるとても良い場所です。木々に囲まれた空間を歩くのはとても気持ちがいいので、毎日続けられそうだなと思いました。歩く場所の選定も大事です。
音楽を聴きながら考え事をして歩くとあっという間です。時間は大体30分くらいですが、歩いていると良い思いつきやひらめきがあったりもします。運動しながら考えるのは良いことなのかもしれないと最近思い、何かに煮詰まったりしたら歩くようにもしています。